株情報

株をするならできるだけ情報を集めてやろう!

法律で守られている株主の権利


株主の権利は会社法という法律によって守られています。具体的にはどのような権利があるのかというと、まず配当を受け取ることができます。配当を出さない場合もありますが、出す場合には保有している株数に応じてもらう事ができます。例えば、100株を保有している人は、10株を保有している人の10倍を受け取ることができるのです。そのために、1株当たりの金額を定めて配当を出す場合が多いです。
そのほかには議決権があります。何らかの議題が提案されたときには賛否を表明することができます。ですから、これによって経営に参画することができると言えるでしょう。これも株数に応じて与えられますから、多くの株式を保有している人ほど議決権は大きくなります。
会社が解散した場合には、その資産をどうするのかという問題が残ってきますが、株式義社は株主のものですから、やはり保有している株数に応じて分配することになります。売却できる資産は売却し、そして負債を処理して、残った部分を分けると言うことになります。債務超過などの場合には純資産として残るものはありませんから、このときには分配はされないことになります。だからといって負債を負うわけではありません。


コメントを受け付けておりません。