株情報

株をするならできるだけ情報を集めてやろう!

配当金等の利益分配を受け取る権利


NISA口座開設を背景に株式投資を検討している方や実際に始めている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

NISAといえば少額投資非課税の略称で年間100万円までの投資における売買益若しくは配当益については 課税されないという制度です。

株式売買と言えば安く買って高く売るというイメージが強いですが、配当金という大きな妙味もあります。 まずは配当金について説明します。

企業は投資家からお金を集めてそのお金で事業を行います。 1年間の事業を通じて挙げられた利益が株式に「分け前」として配分されます。 これが配当金です。 簡単に言うと企業の事業における利益分配と言ったところでしょう。

裕福層の投資家は売買益を求めすぎず、安定した配当金等を確実に手にする方も多く存在します。

では株式における配当金はいつ手に入るのでしょうか。 それは権利付最終日に株式を保有していることです。

2014年3月31日が配当金権利確定日だった場合は3月26日の大引けまで株価を保有している必要があります。 2014年3月31日は月曜日ですが、3月31日若しくは3月最終営業日が何曜日であるかを確認する必要があります。

確定日よりも3営業日前に株式を保有していれば配当金を手にいれることが出来るので是非それまでに 入手することをお勧めします。


コメントを受け付けておりません。